■ 今後の人道支援、民主化支援他
ミッションなどの概要について ■




【本会の支援活動の基本的な考え方について】

・本会は小規模な団体です。とは言え、難民支援活動については、1995年にクロアチアから始まり、96年にボスニア・ヘルツェゴビナ、99年にマケドニアとコソボ、2000年からセルビアと広がった約21年以上の活動継続による膨大なノウハウ、経験の蓄積があります。また、この地域の歴史、民族、社会などに熟知した日本で唯一の団体です。

・本会の支援活動の範囲は、地域としては「セルビア」「マケドニア」「コソボ」です。
 活動は、「難民・国内避難民支援」「選挙監視活動など民主化支援」「医療機関支援」「コミュニティ支援」「日本の政府開発援助獲得のためのコンサルティング」などを柱として、柔軟に対応しています。

・支援活動は継続されなければ意味がありません。セルビアには約10年間支援を続けている、コソボを逃れてから難民生活が17年めの、今年86歳になったネデリコビッチさん(女性)、カラジッチさん(男性)、9人の子どもたちを育て上げたズービッチさん一家など、本会の支援だけしか期待できない、多くの独居老人や貧困家庭があります。

・マケドニアとセルビア国境に留まってる中東難民も、EU加盟各国の国境閉鎖による滞留が既に1年を超えました。
 旧ユーゴスラビア地域で子どもたち対象で本会が長年行ってきた「縄とび」や「大縄とび」活動は、中東の子どもたちにも非常に好評で難民キャンプという狭い空間の閉塞感の中で、良い刺激となっています。
 なお、本会が支援している、マケドニア北側国境近くの「タバノフツェ・キャンプ」の様子が、BBC(英国放送協会)で16年7月に報道(英語)されました。「Stressed and stuck in Macedonia: Balkans' hidden migrant story」を参考に是非ご一読ください。

・選挙監視活動は、国権の発動たる選挙を民主的に推し進める国際的にも意義ある活動として位置付けています。
 過去には1996年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争終結後最初の総選挙監理(スーパービジョン)に始まり、多くのインターンの協力でこれまで9回を重ることができました。
 本会は、この地域の選挙監視、民主化支援活動では、日本はもとより、アジア唯一のプレゼンスです。
 欧州に位置しながら、この地域ではいまだに選挙では買収、供応や暴力が後を絶ちません。インターネットや携帯電話の普及で不正はより地下にもぐり視認しづらい状況があります。
 こうした状況において、国際社会のプレゼンスを背景とした監視活動は、国家主権の発動である選挙の民主化を推し進めるために極めて重要で、民主的な唯一の支援活動です。

 本会の2014年のセルビア総選挙での選挙監視活動が、現地メディアで報道されました。「556 local and 179 foreign observers monitor elections」はこちらをご覧ください。

○以上のような目的、方向性のために、インターンやボランティアの皆さんの力をお借りして、各人が「気づき、考え、行動する」ことが可能なように、柔軟な活動を行っています。担い手の多くは学部、大学院の学生です。学生でも現場(フィールド)での支援活動に参加して経験を積んで頂くことも、大きな活動の柱です。
 皆様のご協力の申し出をお待ちしています。
 また、不明な点は何なりとお問い合わせください。(代表幹事 須田浩之)



【関心表明について】

○いずれのミッションについても、関心がおありの方は、まず関心表明をお願いします。関心表明時にはどのミッションかを明記してくださるようにお願いします。

○「関心表明」は、関心のあるミッション名を明記の上、こちら(問い合わせフォーム)からお願いします。

○関心表明を頂いた方には、関心表明の対象となった支援ミッションや選挙監視の募集要項の詳細を提供します。


★   ★   ★


  • 【<10月22日執行 地方選挙監視ミッション>コソボ行政区議会議員と首長選挙監視インターン募集】

      コソボは2008年の独立宣言後、日本を始め110カ国を超える多くの国の国家承認を得ましたが、国連安保理常任理事国のロシアと中国が独立にいまだ反対しています。そのため、1999年に安保理が決議した国連によるコソボ暫定統治のための安保理決議1244がいまだに廃止できないという異例の事態に陥ったまま、今回の地方選挙が実施されます。

     いまだ選挙違反が広く横行するこの地域の民主化支援の一環として、今回も選挙監視ミッションを編成し、インターンを募集します。募集要項は、こちらをご覧ください。


    【特 別 寄 稿】
    ○本年6月に行なわれた本会のコソボ臨時総選挙監視ミッションに参加頂いた、獨協大学の浦部教授から、その際の体験について、特別寄稿を頂きました。

    「2017年コソボ解散総選挙監視団に参加して」

    獨協大学 教授 浦 部 浩 之

     国際ボランティア連絡会議(JNIV)の組織する2017年コソボ解散総選挙の選挙監視団に参加する機会を頂き、貴重な経験ができたことに感謝している。コソボは私にとって8ヵ国目の選挙監視だったが、これまでは米州機構(OAS)や欧州安保協力機構(OSCE)など、国際機関の派遣する選挙監視団への参加であり、NGOの主宰する監視団への参加は今回が初めてだった。国際機関の派遣する選挙監視団は、規模も比較的大きく、監視員の地理的分布にもしっかり配慮され、活動内容もかなり洗練されている。公正で民主主義的な選挙の実現のために、こうした選挙監視活動が果たす役割や意義が非常に大きいことは、身をもって感じてきた。

     ただ、詳細は省くが、いくつもの国家によって構成される国際機構の行うことであるがゆえ、選挙監視団の派遣の是非が論争の的になったり、受入国を含む利害国の思惑が強く影響したりする事例もないわけではない。今回のコソボ選挙の場合もまさに、コソボを独立国家として承認する国(イギリスやフランスなど)と承認しない国(スペインやロシアなど)が欧州内にあるため、OSCEは選挙監視団を派遣することができなかった。

     選挙監視活動にはつまり、多元性が必要なのであり、また市民の視線も重要なのである。私にとって今回の参加は、これまで抱いていた問題意識を実地で確かめ、実体験できる、貴重な機会となった。NGOの監視団は資金と規模の面に制約があるため、目の行き届く範囲には限界もある。ただしこれは国際機関と比較しての優劣の問題ではなく、NGOの特性に属する事柄である。

     市民の視点を大切にし、国際協力を志す人たちに選挙監視活動の機会を提供するNGOの存在意義は大きい。国際ボランティア連絡会議の益々のご発展をお祈りしたい。

    【参考情報】
    1.浦部教授の情報はこちらをご覧ください。

    2.浦部教授の参加された「ベラルーシ大統領選挙への選挙監視要員の派遣(外務省 報道発表)」のサイトはこちらをご覧ください。


     6月総選挙後のコソボの政治状況を、朝日新聞が今般報道しました。現地状況の参考としてご覧ください。
     「(@プリシュティナ)独立9年、転換期のコソボ」はこちらをご覧ください。


    【ミッション日程(予定)】

    10月13日(金)日本発→機中泊
       14日(土)ベオグラード着(またはベオグラード集合) ベオグラードにてブリーリング開始
       15日(日)ブリーフィング、チームビルディング
       16日(月)ベオグラード→クラリイェボ(経由地)移動、研修@
       17日(火)クラリイェボ→コソボ 移動、研修A
       18日(水)正式監視要員認証手続き、班編成
       19日(木)現地コーディネーターとの顔合わせ
             担当地域選挙管理コミッションとの意思疎通
       20日(金)監視対象投票所選定、下見、確定
       21日(土)各投票所ごとの関連物資保管状況監視、直前準備
       22日(日)選挙当日。選挙監視実施、開票監視
       23日(月)開票監視、監視結果公表、コソボ→クラリイェボ(経由地)移動
       24日(火)ベオグラードから各自帰国の途へ【ミッション終了】
       25日(水)日本帰着

     問い合わせや関心表明は、関心のあるミッション名を明記の上、問い合わせフォームをご利用ください。
    ★   ★   ★


    【<12月支援実施班>「難民支援ミッション」編成予定について】

     9月支援実施班に引き続き中東難民とコソボからのセルビア系国内避難民支援を行うミッションを編成します。
     募集要項は、10月下旬に公開予定です。

    【主な活動の柱について(順 不 同)】
    1.マケドニアのセルビア国境周辺に滞留しているシリア、イラク難民の社会心理的支援活動の継続
    2.マケドニアのローカルNGOや小学校等に対する、日本からの支援の枠組みを使った支援についてコンサルティング
    3.セルビア及びコソボのセルビア系国内避難民の支援活動の継続。
    4.マケドニア及びコソボにおける、平和首長会議加盟促進活動。
    5.その他、参加メンバー全員が事前に任意に合意、準備、実施できる活動。

    【ミッション日程(予定)】

    12月15日(金)日本発→機中泊
       16日(土)ベオグラード着(またはベオグラード集合) ベオグラードにてブリーリング開始
       17日(日)ブリーフィング、チームビルディング
       18日(月)ベオグラード→マケドニア 移動、マケドニア政府活動認証手続き等
       19日(火)マケドニアでの中東難民支援 実施
       20日(水)マケドニアでの中東難民支援 実施
       21日(木)支援予備日 マケドニア→セルビア 移動
       22日(金)セルビア系難民支援 実施
       23日(土)クラリイェボ→コソボ 移動、コソボ内セルビア系国内避難民
       24日(日)コソボ→クラリイェボ 移動、振り返り
       25日(月)セルビア内支援予備日
       26日(火)ベオグラードから各自帰国の途へ【標準参加日程終了】
       27日(水)日本帰着または各自自由行動へ

     問い合わせや関心表明は、「関心のあるミッション名を明記」の上、問い合わせフォームをご利用ください。


    ★   ★   ★


    【<2018年支援実施班>編成予定について】

     2018年は、4月頃まで代表幹事の個人的な都合で、支援実施班は編成されません。

     支援班の実施は、5月の大型連休中と、6月20日の「世界難民の日」関連となります。
     概要は18年2月頃にこのページで発表の予定です。

     問い合わせや関心表明は、「関心のあるミッション名を明記」の上、問い合わせフォームをご利用ください。


    ★   ★   ★


    【<現地背景解説>セルビアとコソボの関係正常化のための「ブリュッセル合意」について】

     100万人以上の難民を生み、数万人の犠牲者を出したコソボ紛争(1998−99年)が終結してから既に18年となります。
     紛争当事者のセルビアとコソボの両者が、EUの仲介で2013年4月に両政府で合意された「ブリュッセル合意(関係正常化合意)」は、現在その履行が極めて遅いペースで行われています。
     インターンに参加するにあたり、この合意の理解も大切な事項です。

     その他、合意当時の報道は次の通りです。
     「バルカンインサイト」はこちらをご覧ください
     「欧州自由ラジオ/ラジオリバティ」はこちらをご覧ください

     AFPによる日本語報道はこちらをご覧ください
     日本語の解説は、JICAニュースレター(PDF形式)はこちらをご覧ください


    【各国の位置関係について】
     旧ユーゴスラビア諸国の位置関係、民族の分布関係などの地図などを以下にまとめました。


    【旧ユーゴスラビア各国と周辺国の位置関係】
    ←Clickで拡大


     赤とピンクがセルビア、赤茶色がコソボ、青色がマケドニアです。




    【コソボとその周辺の民族分布図(参考)】
    ←Clickで拡大

     コソボ北部のグレー色の地域が、セルビア系住民が圧倒的多数を占め、セルビア政府が実効支配してきた地域です。




    【周辺国位置関係】
    ←Clickで拡大

     セルビア、コソボ、マケドニア周辺の位置関係です。





    ○このページのいずれのミッションについても、関心がおありの方は、まず関心表明をお願いします。関心表明時にはどの選挙/ミッションかを明記してくださるようにお願いします。

    ○「関心表明」はミッション名を明記の上、こちら(問い合わせフォーム)からお願いします。


    【連絡先等】
    ・問い合わせや関心表明は、問い合わせフォームをご利用ください。
    ・直接電子メールは、<jniv@nifty.ne.jp>宛お送りください。
    ・電話は、03−3824−4011(午前10時〜午後8時。不在時転送あり)にご連絡ください。



    ―――――――「国際ボランティア連絡会議」―――――――
    ・住所:〒116-0013 東京都荒川区西日暮里3−6−14−1102
    ・電子メール:jniv@nifty.ne.jp ・事務局電話:03-3824-4011(10am-8pm)





  • アクセスカウンター